INTERVIEW 01 教育・研修制度を語る 成長段階に応じた教育・研修で今必要なスキルが身につく
営業スタッフ
第四営業部 店舗スタッフ


充実した新入社員研修で
仕事に対する不安を解消

ネッツトヨタ神奈川には、社員の成長をバックアップしてくれる様々な研修や教育制度があります。入社後まずは2ヶ月間の全体研修に参加し、社会人としての基本的な知識やマナーなどを習得します。グループワークが主体なので、ディスカッションや人とのコミュニケーションについて学ぶことができました。その後は職種別研修に分かれます。私は7月の本配属に向けて、営業研修に参加しました。研修では、クルマや関連商品に関する知識、接客の仕方などをロールプレイングをまじえて学ぶほか、新車販売と中古車販売それぞれの店舗で実習を受けます。最初はお客様と接することに不安も感じましたが、実習先の先輩方が積極的にチャレンジする機会をくださったので、実際の業務のイメージをつかむとともに今の自分に何が足りないのかを知ることができました。



安心のエルダー制度で
新入社員の成長をしっかりサポート

配属先の店舗では、指導担当の先輩が1年間マンツーマンで質問や相談に応じてくれるエルダー制度があります。私が所属する店舗では、エルダーの先輩はもちろん、店舗全体で育ててくださる雰囲気だったので、とても安心感がありました。その後も、フォロー研修や1~3年次の営業が集まる合同研修など、成長段階に応じた研修が用意されています。合同研修では、ひとつ上の先輩たちの姿を見て「1年でこんなに成長できるんだ!」と驚くと同時に、1年後になりたい自分のイメージを具体的に描くことができました。また、研修は同期との絆を深める大切な機会でもあります。仕事で悩んだときにお互い助け合える仲間がいるということは、とても心強いです。



お客様やスタッフに信頼される
なくてはならない存在へ

学生時代にレストランでアルバイトをしていた経験から、お客様ともっと長いお付き合いができる仕事をしたいと考えて、ディーラーを志望しました。基本的には来店型の接客が中心ですが、今は先輩から引き継いだお客様が多いこともあり、まずは顔を覚えていただくためにも訪問活動を率先して行っています。とくに印象に残っているのは、初めて自分一人で商談をしたときのことです。何度もご提案を重ね、最終的に「あなたを信じて購入を決めました」と言っていただいたときは、お客様に信頼していただけたことが本当にうれしかったです。私は入社からこれまで周りの先輩方にずっと支えられてきたので、今度は自分が後輩を支えられるような先輩を目指していきたいですね。そして、お客様や店舗にとって、なくてはならない存在へと成長することが目標です。

営業スタッフのしごとについて
PRIVATE

学生時代のバンド仲間や兄妹と
一緒に演奏する時間が楽しみです!

中学生の頃に兄の影響でベースを始めました。それ以来、高校ではバンドを組んだり、大学の軽音楽部でギターを弾いたり、いつも音楽中心の日々でした。社会人になった今でも、友人と休みが合えばスタジオに集まって演奏したりしています。一人で気ままに弾くのも楽しいですが、みんなの音が重なり合って曲が生まれる瞬間に、やはり一番テンションが上がるんですよ。妹も音楽好きなので、たまに実家に帰って弾いていると兄と妹が自然に演奏に加わってきたりします(笑)。

PAGE TOP